ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

チョーキングやり過ぎて、なんか出てきた。。 

Matt Schofieldのライブ終わってから、チョーキングの練習をしまくっていたら、指がやばいことになってしまいました。薬指に豆ができ、さらにやりまくっていたら、水ぶくれができ、さらに昨日のレッスンで生徒さんとアドリブ合戦で熱くなってしまい、レッスン終わったら、指先がテカってる?汗か?いやなんか違う、水ぶくれが破れて汁が出てきた。痛すぎて、普通に押さえることもできない。でもこれ、懐かしいんですよね。中学生の...
Read More

毎日の積み重ねは裏切らない! 

生徒さんは、社会人の方も多く、仕事が忙しすぎて、ほとんどギターが弾けない方もいらっしゃいます。そんな中で、朝少し早く起きて10分だけギター練習する生徒さんがいます。ギターを1日10分練習して、0.1%上達したと仮定します。1日1日を見たら、ほぼ分からないぐらいの差ですが、途中から二次曲線的に成長し、1年後には40%成長します。もう3年程前から、そんな練習をされている生徒さんがいます。その生徒さん、最初は人よりも...
Read More

大人になってからギターを始める人はラッキー 

40代〜60代でギターを始めた人からよく聞く言葉ですが、もっと若い頃にギター始めてたらよかった〜!という言葉。それを聞いた時、いつも返す言葉は、「いや、むしろその年で始めてラッキーですよ!」と自信を持って答えています。なぜラッキーかというと、大人になってからの方が、練習の仕方が遥かに賢いんですよ。若い頃は、がむしゃらに何も考えずひたすら練習する。無駄が多いんですよね。大人になってからの練習は、コピーす...
Read More

弾けないフレーズがある時はどうすればいいか? 

弾けないフレーズがある時はどうすればいいか?答えはただひとつ!!弾けるようになるまで練習する!!は?と思うかもしれませんが、9割の人はこれに気付いてません(笑)いいんですよ。何日かかっても、何週間かかっても、何ヶ月かかっても、何年かかっても、一生かかっても。そう思えるようになったら、案外すぐにできるものです。どうですか?半年前にできなかったフレーズや曲。できないまま、今も練習してない人が多いんじゃ...
Read More

早く弾けるようになりたい病の人が多い 

早く弾けるようになりたい病この病気が、ギター上達の妨げになってる人をよく見かける。例えば、何かの曲を練習する時、何かのフレーズを練習する時、すぐに弾けるようになろうとしてませんか?どのくらいのスパンで考えてますか?好きな曲のギターソロを練習するとしましょう。16小節あったとして、3日〜1週間ぐらいで弾けるようになろうとしてる人が多いです。そして、その期間内にできなかったら、僕は私には無理なんだ。と挫折...
Read More