ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

やりたい仕事を全部やる! 

やりたい仕事や、できそうな仕事、憧れていた仕事。僕は可能な限り、全部やりました。いろいろ転職しましたが、限界ギリギリまで我慢してから転職しました。そして、最後に残ったのがギター講師です。今のところ我慢することなどなく一番続いているので、体に合っているということでしょう。消去法でたどり着いたので、あんな仕事やこんな仕事してみたい、という願望は全くありません。いまやっている仕事に100%集中できる、とい...
Read More

サラリーマン時代のお話。時給500円 

久々にサラリーマン時代のお話です。僕はどちらかというと甘やかされて育ったので、社会に出た瞬間地獄のような思いをしました。断るすべを知らない&嫌な顔もあまりしない&周りに気を使うので、どんどん仕事が増えていき、同僚や先輩にふみくちゃにされていました。時給450円〜500円の世界です。ただ、この地獄のような経験をしたことによって、得るものもありました。それまでは、お金にかなり無頓着で世の中のビジネスがどうや...
Read More

【サラリーマン時代のお話】 上司に左右される 

僕は、その時の上司によってやる気が変わってしまう。いい上司に恵まれている時は、いい仕事ができた。しかし、悪い上司(嫌いな上司)に当たるとたちまちいい仕事ができなくなる。極端な性格なので、好きな上司だと成績は全国トップクラス、嫌な上司だと全国最下位クラス。これは、サラリーマンとして最低。お金をもらっている以上私情を持ち込んではいけない。相当扱いづらい社員だったと思う。そういう自分がもの凄く不安だった...
Read More

サラリーマン時代のお話 第8回 月1回の駐禁 

サラリーマン時代のお話、第8回目は駐車禁止の悲劇。営業マンだったので営業車に乗り、顧客訪問、営業活動をしていました。月末はとても忙しく、営業、クレーム処理、集金に追われていました。特に25日以降は朝から深夜まで、ご飯食べる時間もなく、あっちいったりこっちいったり、兵庫県~大阪を飛び回ってました。当時、駐車禁止の規制が厳しくなり民営化された頃でした。4時に淀川区の顧客訪問、30分後には宝塚市の顧客訪問、み...
Read More

サラリーマン時代のお話し 第7回 

上司との会話。サラリーマンは基本的に、いくら理不尽なことや無駄なことであったとして、も会社の命令に従わなければならない。僕はこれがかなり苦手な方だった。そのせいでよく上司に反抗的な態度を取っていた。内容は覚えてないんだけど、こんな流れでした。上司:お前は言われたことをやれ!僕:いや、こんなことしても無駄なだけじゃないですかー、そう思いません?上司:いや、会社がやれ言うてるからやらなしゃーないやない...
Read More