ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

感情を込めてギターを弾く方法 

感情を込めてギターを弾くにはどうすればよいか。
感情を込める前にやっておかないといけないことがあります。
右手のピッキングの強弱を付ける練習ですね。




感情を込めるというか、生きた音を出すには細かいニュアンスが必要になってきます。
右手のピッキングで10段階の音量が出せますか?
これができないと感情表現は難しいです。感情表現といっても理屈で言うと、単なるピッキングの強弱ですからね。
実際に音に感情はありません(笑)




10段階ができなかったら、2段階3段階から順番に練習していってくださいね。
ピッキングの強弱って、色鉛筆で例えると色の濃さみたいなものです。
色鉛筆で絵を描く時に、濃淡を使って表現しますよね。あれと全く同じです。




今日は、久々に時間を忘れてギター練習しました。
すぐ5時間たってしまいました。ジャズブルースの練習と枯葉の練習でした。
少し上手くなったぞ〜!(笑)






いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログ現在1位です!
更新の励みになりますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


ギター人気ブログランキングはこちらから


ギター ブログランキングへ
関連記事

Comment

Name - Maggyo  

Title - はじめまして

おっさんになってからギター始めました
いま調度ダイナミクスのコントロールみたいな課題で四苦八苦しております
スピードを変えずに音量を変えるのがこんなに難しいとは、、

これからも勉強させてください
2013.08.25 Sun 11:28
Edit | Reply |  

Add your comment