ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

Matt Schofieldのライブ観に行ってきました!! 

Matt Schofieldが来日するなんて、こんな日が来るとは思ってませんでした!
世界一好きなギタリストのライブを観に行くのは、この36年で初めてです。
僕は、本当に好きなギタリストのストライクゾーンが、めっちゃくちゃ狭いので、こんな経験は初めてです!





今日は、ヤマハのレッスンを休みにして、生徒さん達とMatt Schofieldのライブを観に行ってきました。
お昼頃からそわそわしてきて、落ち着かないので、少し早めに出発しました。




阪神高速が渋滞してて、結局2時間もかかって到着。
晩飯食ったらギリでした。




南堀江knave到着。

DSC_0452.jpg





ichiroさんと、Mattが共演。すごい。

DSC_0454.jpg





そして、早くから来てた人たちの列の最後尾に並びました。




ん?これは早い人順に並ぶんだっけ。。




あ!そういえばチケットに整理番号があって、その順番に入るような感じだったような、、、






ん!!!?







あ!!!!!!!!!!








あ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!






チケット忘れてきた〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!






死ねボケ!!俺!!
頭おかしい!!!!




生徒さん:え?冗談ですよね?(笑)





ずっと大事にスケジュール帳の最初に挟んでて、それでスケジュール帳を忘れてきただと〜〜〜!?
完全にアホや!間抜け野郎の腰抜け野郎や!
そら、生徒さんも呆れるわ。





そして、緊張の入場の瞬間。




「あの〜、チケットぴあで買ったんですが、今日忘れてきてしまって。。。」




店員さん「忘れた場合は、入場できません。もう一度当日券を買わないと入場できません」




キッパリバッサリあっさり。





うわ〜、やっぱりダメか。ショックすぎる。




その場で当日券5,000円で買って入場です。めっちゃテンション下がりました。




ていうか、東京のチケットも買ったので、15,000円も払とるがな(笑)
どんだけ無駄遣いすんねん俺。




そして、ライブが始まりました!




1曲目は、日本を代表するブルースロックギタリストichiroさんが登場!
Super Reverbで爆音で、めちゃめちゃカッコ良かったです!
この人ならMatt Schofieldと共演できますね!すごい次元でした。





2曲目から、Matt Schofieldが登場しました。
うわ〜!目の前にいる!
やっと分かりました、熱狂的なファンの気持ちが。
女子だったら、絶対キャ〜ってなりますね!






SVLのストラトに、アンプはダンブルのOverdrive Specialでした。
スゲ〜、ダンブルの音初めて聴きました。

DSC_0410.jpg






ていうか、やばいです!マットスコフィールド!!
こんなに凄い音を出すギタリストいないです!!
熱い音すぎて、めちゃめちゃ人の感情を揺さぶってきます。
身体がよじれそうでよじれそうで、仰け反りそうでした。




と、我慢していたら、隣の人は完全に仰け反ってました。座ってるんですが、前に倒れたり後ろに仰け反ったり(笑)
いや、めちゃめちゃ分かりますそうなるの!僕も一緒にやりたかった。
だって、1弦は011、2弦は014だっけ、ストラトにそんな極太の弦で2音チョーキングとかしまくりですから。





曲が終わると、観客のみんながざわついてました。
めっちゃ凄い、凄いですね。。と皆さん本当に感動してはりました。
全曲凄すぎて、中毒になりそうな演奏でした。




Matt Schofieldの映像は、Youtubeで観まくってますが、アドリブのソロは毎回毎回全然違うソロを弾きます。
場の空気があまり盛り上がってない時でも、ギターソロで徐々に徐々に時間をかけて、観客を盛り上げてくれます。
そして、ソロが終わったら客席が、わ〜!ってなって一体感というか、みんな心を揺さぶられてる感じが伝わってくるんです。





たまにメンバーとの相性が悪かったり、調子悪そうな時もありますが、ほとんどはうまいこと仕上げてくれます。
今日の演奏は、youtubeで観たことないぐらい、チョーキングが熱くて、おそらくですが、Mattも感情がけっこう高ぶってたんじゃないかと思います。
しょっぱなから凄まじかったですよ今日のMatt Schofieldは。





演奏は、ほとんどペンタトニックで、ミクソリディアン、ドリアン、たまにハーモニックマイナー、コンディミ系、ツーファイブフレーズですが、あの表現力というか、感情的というか熱いトーンで、まさにギターで歌う感じは、Matt Schofieldならではだと思います。




バッキングのコードは、キレが良く、心地よいボイシングでお洒落です。
かなり耳コピさせてもらったので、僕もセッションでよく真似してます。





終わってから、iphoneにサインもらいました。
Matt Schofieldシグネイチャーのiphoneだと、Mattが言ってました(笑)
こういう時に英語が喋れないと損ですね。
iphone7予約しててまだ届かないけど、届かなくていいわ!

DSC_0461.jpg





そして、快く写真も撮ってくれました。
いろんな人に話しかけられて丁寧に対応してて、Mattの人柄の良さが少し分かりました。

IMG_3264.jpg





エフェクターは、僕も皆さんも食いつくように写真撮ってはりました。
やっぱりみんなあの音に魅了されてるんですね。
でも、機材を真似する前に、弦の太さを真似しないとね(笑)

DSC_0430.jpg





そして、ブログの読者さんからも声をかけていただきました。
めっちゃ嬉しかったです!ありがとうございます!





東京のチケットをプレゼントした方からも、連絡頂いてMattとツーショット画像を送ってくれました。
というわけで、かなり出費がかさみましたが、めちゃめちゃ満足です!
早くセッション行きたいです!!






いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログランキング現在12位です!
更新の励みになりますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


ギター人気ブログランキングはこちらから


関連記事

Comment

Add your comment