ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

セッションでの音作り 

先週末は、ブルースセッションとオールジャンルセッションに行ってきました!




ブルースセッションは、生徒さんたち6人で参加しました。
初セッションの生徒さんたちが、だいぶセッションに慣れてきて嬉しいです。
ブルースセッションの先輩方からバッキングのレクチャーを受けたり、まだまだ課題は山積みですが、教室の仲間のみんなで成長してる感じがいいです。




昨日は、STUDIO KIKIでのオールジャンルセッション、最近は浅見先生がレッスン入ってるので、1人で行ってきました。
ROUTE66、isn't she lovery、The Chicken、Cantalope Island、枯葉、Long Train Running、Cameleon、Feel Like Maki'n Love、けっこういろんな曲弾かせてもらいました。

セッション中山大輔




セッションに行きだして2年ぐらいですが、音作りには本当に悩まされます。
そして、音色がいまいちな時は、僕は演奏が全て総崩れになってしまいます。
アドリブしてて、音色がいまいちだと、次のメロディーが思い浮かばなくなります。
メロディーが浮かばないままアドリブすると、とてもダサいソロになります。




セッション会場によって使うアンプが変わるので、どのアンプでも自分の弾きやすい音色に作るのが大変ですね。
最近ようやく定着してきたセッティングは、オーバードライブのゲインを下げ、レベルをかなり上げ、ブースター的な目盛りにしてます。
そして、バッキングの時はギターのボリューム2〜3あたりで、ソロになるとギターのボリュームを7〜10に上げて弾きます。その方が、サスティーンが伸びてくれて僕は弾きやすいです。




生徒さんの息子さんが動画撮ってくれたので、せっかくなのでアップしました。
音色はいい感じでしたが、ソロはいまいちでした。。。
マイナーペンタぶち込みすぎたけど、まいっか(笑)







9月23日(土)に、STUDIO KIKIの3周年イベントがあり、セッションホストメンバーのデモ演奏に参加させてもらえることになりました。超豪華メンバーの中に混ざってきます!





いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログランキング現在6位です!
更新の励みになりますので、
↓↓ポチッと↓↓お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


ギター人気ブログランキングはこちらから


関連記事

Comment

Add your comment