ギター講師 中山大輔のブログ

ギター講師の日常や上達の近道を伝授します。

極上アンプでスピーカー弾き比べ大会 

大会は大げさですね(笑)
今日は友達の極上アンプ1968年Band Master Reverbでスピーカーを弾き比べました。






このアンプ、シルバーフェイスですが、1968~1969年の2年間だけの仕様でスピーカーネットの周りにアルミ枠が付いてます。

超希少なうえ、ビンテージ管が入ってるので音が素晴らしいです。ちなみに中身の回路はブラックフェイスなので、音はブラックフェイス期のままです。




まずは、セレッションのG12H30。






ん~、悪くはないけれど、ピッキングが少しストレスかな。レスポンスが悪い感じでした。65AMPSに標準装備されていたのですが、ツイード系には合うのかな。




次は、JBLのK120。
ビンテージスピーカーで少し前に手に入れました。今は65AMPSに入れてます。

これは高域が暴れる感じ。オーディオならいいかもしれませんが、ギターにはちょっと耳が痛い感じでした。




そして、最後はセレッションの定番スピーカー、ビンテージ30。






いい!めちゃくちゃいい!
トレブルをブーストしても全然耳が痛くない。ピッキングがスムーズで軽やかになります。レスポンスが抜群にいいですね。
このスピーカー以外考えれません。このスピーカーの中ではね。



もつひとつ、65AMPSからビンテージ30に繋いでみたら、これもめちゃくちゃ音が良くなりました。
ビンテージ30最高っすね!
ジェンセンは少し高域がキツい印象なので、またエミネンスは一度試したいです。




ザック君は、爆音の中退屈そうにしてましたが、仲間に入りたそうでした。マニアックでごめんよ(笑)
またワンちゃんとこ遊びに連れてってやるから。








いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログ現在2位です!
更新の励みになりますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


兵庫県人気ブログランキングはこちらから

人気ブログランキングへ
関連記事

Comment

Add your comment