ロベンフォードとカールトンのコンビは抜群の安定感

Matt Schofieldに出会うまでは、ロベンフォードやラリー・カールトンをなんとなく聴いていたんですが、
久々に改めて聴くと、やはりいいですね。音もいいし、2人の息ピッタリ。
エレキギター2本でこんなブルース。聞き惚れてしまいます。超一流ギタリストですね。






20代前半の頃は、こういうジャンル全く興味ありませんでしたが、今では大好きになりましたね。
ギターの講師されてる方は特に憧れのギタリストです。
でも音色はMatt Schofieldの方が出したい音なんですよね。まぁ最終的には自分の音を出さないと話にならないんですが。








いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログ現在5位です!
更新の励みになりますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


兵庫県人気ブログランキングはこちらから

人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

中山大輔

 
7丁目ギター教室代表。
全国拡大中!ギター講師さん大募集中!

記事検索

最新記事

2020年振り返り! Dec 31, 2020
【7丁目ギター教室】リアル曲エクササイズパワーコード徹底解説 Sep 22, 2020
【ギター 講師】という職業について動画で詳しく解説します! Sep 18, 2020
菅首相就任!あなたの人生どう変わる!? Sep 17, 2020
大ちゃん先生の後悔しない生き方 Sep 15, 2020

アクセス数

ギターPVランキング

おすすめギターグッズ