高いギターと安いギター

50万円のギターと1万円のギターを並べてみました。どっちが1万円か分かりますか?(笑)






高いギターと安いギターは、見た目じゃ分かりません。初心者の人なら弾いてもどっちがいいか分からないでしょう。ある程度弾けるようになると違いが分かってきます。




何がそんなに値段の差に影響しているのか。
ボディ、ネック、指板、フレットの材質、ピックアップ、ペグ、その他のパーツいろいろありますが、1番値段に影響しているのは、人件費です。




どんな人がそのギターを作ったのかというところですね。
大きく分けると、ギターを知っている人が作ったのか、ギターを知らない人が作ったのかという違いです。






例えば日本で作ると、人件費が高いので最低でも10万円近くはいってしまいます。その代わりギターを知っている人が作るので、持った感触や弾き心地が悪ければやり直すでしょう。




人件費の安い国で作った場合は、一応設計図通りに作るので見た目はほぼ同じですが、持った感じや弾き心地までは分かりません。あと、見えない部分が雑だったりします。




ようは、弾き心地が良いか悪いかなんですよね。音はエフェクター通したりアンプから出すので、そんなに変わりません。




だから、弾き心地の違いが分かるまでは高いギターはあまり必要ではないですね。予算があればいいギターの方がもちろんいいですが。
違いが分かるまでは見た目命ですから、見た目が気に入ったのを選ぶのがいいです。





いつもありがとうございます。
皆さんのクリックのおかげで、
全国ギターブログ現在1位です!
更新の励みになりますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


ギター人気ブログランキングはこちらから


ギター ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

中山大輔

 
7丁目ギター教室代表。
全国拡大中!ギター講師さん大募集中!

記事検索

最新記事

千葉県八千代市に7丁目ギター教室ができました! Mar 12, 2021
2020年振り返り! Dec 31, 2020
【7丁目ギター教室】リアル曲エクササイズパワーコード徹底解説 Sep 22, 2020
【ギター 講師】という職業について動画で詳しく解説します! Sep 18, 2020
菅首相就任!あなたの人生どう変わる!? Sep 17, 2020

アクセス数

ギターPVランキング

おすすめギターグッズ