ギタリストに必要な筋肉を鍛える

以前にも紹介しましたが、ギター弾く時の指の筋肉を強化できるツール、『VARIGRIP』の使い方を紹介します。
これは、バネの強さをそれぞれ調整できる優れものです。






この、ギターに必要な筋肉(ギター筋)を鍛えると、演奏力がかなりアップします。コード、メロディ全てにおいてね。鍛えて損することはありません。





まずは、人差し指から。
この時、他の指のは動かさず元の場所に置いておきます。これ重要。






次は中指






次は薬指。これが僕はどうしてもできない。中指が一緒についてきてしまう。そして、親指のポジションも変わってしまう。






そして、小指。






それから、外側2本指






内側2本






そして、左側2本






右側2本






注意点は、
指を立てて押さえること。弦を押さえる場所と同じ所を押します。なのであまり指の腹で押さえないように。

もう一つは、ギターのネックを持っている時と同じ角度でトレーニングすること。そうじゃないと使う筋肉が変わってきますので。







これを10回繰り返した直後にギター弾いてみてください。
バレーコードが簡単に鳴ったり、速弾きフレーズがスムーズにひけるようになったり、ギターの音がパワフルになったり、表現力が豊かになりますよ。











関連記事

コメント

非公開コメント

中山大輔

 
7丁目ギター教室代表。
全国拡大中!ギター講師さん大募集中!

記事検索

最新記事

【7丁目ギター教室】リアル曲エクササイズパワーコード徹底解説 Sep 22, 2020
【ギター 講師】という職業について動画で詳しく解説します! Sep 18, 2020
菅首相就任!あなたの人生どう変わる!? Sep 17, 2020
大ちゃん先生の後悔しない生き方 Sep 15, 2020
【アバルト595】純正レコードモンツァマフラー音 Sep 14, 2020

アクセス数

ギターPVランキング

おすすめギターグッズ